So-net無料ブログ作成
検索選択

イオンのETCカードは価値も違う? [ETCカード]

ETC装置はETCカードを入れることで初めて機能します。ETC装置にETCカードを入れることで、有料道路の料金所などにアンテナが設置されていて、車に搭載したETC装置に自動的に通信を行い、車を止めなくても有料道路での料金の支払いがスムーズに処理できるのです。
最近のETCカードクレジットカードと一緒になった「一体型ETCカード」なども普及をはじめ、ショッピングポイントやガソリン代割引、海外保険などの付加価値も充実してきました。色々な機能がETCカードに追加されればされるほど、ETCを導入する壁が低くなるので、ETCの普及にはもってこいではないでしょうか。
ETC、ETCカードを利用する際の注意点ですが、ETCカードを利用するようになると、お金を支払っている感覚がなくなるので、チョットした距離でも高速道路を利用しがちです。その結果、自分でもビックリするような請求が来る事もあります。いくらETCカードが便利とはいえ、使いすぎには注意したいモノです。
ETCシステムは、その特質上高速道路の料金所での人件費削減が可能です。人件費を削減する事で高速料金を値下げする事も出来、その結果高速道路の利用者を増加させるという良いスパイラルを生み出しています。これらのスパイラルにETC車載器やETCカードは必須になっているという事が言えるでしょう。

これからETCシステムの利用を考えている人は、まず最初にETC車載器とETCカードを入手する必要があります。ETC車載器もETCカードも特別なモノでは無いので、簡単に入手出来ます。ETC車載器はカーショップなどで購入し、ETCカードはクレジット会社で申込みすれば、簡単な審査の後すぐに発行してくれます。
ETCカードの種類は豊富で、基本的にはクレジットカードと連動したカードなので、結局クレジットカードを選ぶ感覚でETCカードも選ぶ事になります。ポイント還元率やガソリン代の割引、当然高速道路の割引などで選んでからETCカードの申込みをしましょう。
ETCシステムの普及からも分るように、ETCカードもドンドン普及してきてます。それに伴ってETCカードの種類も増す一方で、カードによって付随する特典も様々です。中には私のように幾つものETCカードを作って特典に合わせて使い分けしている人も沢山居てるのではないでしょうか?まぁ~ETCカードを幾つも持つのは面倒なので得策では無いような気もしますが・・・
ETCカードの申込み時には、ETC障害者割引制度というのもあります。障害者の人が有料道路を利用する場合、通行料金が割引になるという制度です。この制度が使える条件は、障害者の人が運転しETCカードを利用する場合、重度の障害者の人が同乗していて障害者本人以外の人が運転をする場合が適用されます。

ETCカードの比較検討をしてわかるのですが、ETCカードで高速を利用するとポイントが2倍にもなる得点がつくところもあります。今はポイントの価値が以前よりはあがっているので、このポイント2倍の特典はかなりおおきなサービスになるのではないでしょうか。
ETCカードには、海外保険付きやマイレージ割引きがついているものもあります。マイレージ割引きとは高速道路を利用する際に前払いサービスに変わるシステムです。高速道路を利用して、貯まったポイントに応じて通行料金が割引されるのです。カードの比較をしているとポイントの有効活用が大きな存在になってきます。
ETCカードを作るとき、意外と割引サービス等のお得な特典やサービスに気づかないで作ってしまう人もいます。どこのクレジットカード会社もそれぞれの情報を持ち備えているので、ETCカードを作る前にはETCカードも含めて情報を比較してからクレジットカード選びするとわかりやすいです。
ETCシステムが普及するにつれ、ETCカードを搭載できるクレジットカードも増加する一方です。そんな中、私達ユーザーは、ETCカードを比較して決めていくのですが、カード会社の競争が激化するほどサービスが向上されより細かなメリットが得られるようになります。それはETCカードを比較しやすくなると言ってもいでしょうね。


ユーザー車検とオートバイ [車関係]

ユーザー車検や車検の事なら当サイトにお任せ下さい。 車検にはお金もかかりますが、必ず受けておかねばならないものです。廃車の手続きをするまでずっとです。
車検の中には「ユーザー車検」と呼ばれる車検があり、このユーザー車検は車が好きな人には特にオススメの車検スタイルです。 大体、車検やユーザー車検の事はお分かりになりましたか?これからは車検とユーザー車検について更に詳しく解説します。

平成7年に、それまで「1年車検」を義務付けられていた10年以上経ている自動車に対する制度が「2年車検」に緩和になりました。よって、現在は大まかにわけて、新車の場合最初の車検は3年目に、営業車は1年ごと、その他の自動車は2年ごとという規定になっています。

車検手数料は二輪車や小型自動車で1400円、普通自動車なら1500円です。これに自賠責保険料として乗用車であれば29,780円、重量税が1.5トン以上の乗用車であれば37,800円必要になります。軽自動車であればどちらも低い金額になります。重い車両だと重量税が高くなります。

車検ではまず車の外観を検査します。ナンバープレートの確認から始まりガラス、車高、タイヤ、ランプ、車体からはみ出してついているものが無いかなどです。その後、エンジンルームを開け、オイルや水漏れ、ブレーキ液の確認等をします。車内においてはハンドル、ホーン・シーベルトなど修理ヶ所なども調べます。

車検に出す際に必要な書類は、車検証、24ヶ月定期点検記録簿、納税証明書、自賠責保険証明書などです。軽自動車の場合、軽自動車税納税証明書が必要になります。自宅ではこれらの書類を全部ひとまとめにして管理しておくと便利です。そうすると車検の際に慌てなくて済みます。

2年に1度の車検。高いというイメージを持っている人がほとんどでしょう。自賠責保険料や重量税などは変えられないコストですが、整備料や申請代行料は選び方によって異なってきます。ユーサー車検の場合、整備をすべて自分で行いますので消耗品、部品などの代金だけで済みます。

自動車・バイクに必要な部品あるいは消耗品はすべて個人でも購入可能です。ですからユーザー車検の際困るということはありません。車検のみならず、常に自分で手入れをすることでより車両の仕組みを理解することが出来るので、ふいの緊急事態に慌てることもなくなります。

ユーザー車検は自分で自動車・バイクを車検場に持ち込むわけですが、国土交通省、陸運支局などに問い合わせると一番近くの車検場を紹介してくれます。電話で予約する場合と、直接出向く場合とがあるようです。予約時間の少なくとも1時間前くらいには到着し必要書類を提出します。

ユーザー車検はディーラー車検より基本的に割安とはいえ、保険料や税金等避け切れない費用があります。年毎に考えれば大きな負担ではないかもしれませんが、一括払いですので家計にひびいてくる人もいることでしょう。毎月、計画的に貯金しておくことで慌てなくて済みます。


マイカーローンと日立キャピタル [車関係]

一般的に自家用車を購入しようとなると多額の費用がかかってくるのが普通です。それを助けてくれるのがオートローンです。
購入品目が限定されていますので、普通のローンより低い利率が適用されます。
審査がありますが、金融機関によってオートローンの審査は厳しいところと、そうでないところの差があるようです。
今お話ししているオートローンは大丈夫ですか?

マイカーローンの返済方法を考えるとき、利率の%ほかに変動金利か固定金利かを選択する必要があります。
低金利時代の今、長期借り入れであれば固定金利を選ぶ方が賢明かもしれません。
もし、変動金利を選択するならば金利が上昇したことも考慮して借りる額を決めねばなりません。

マイカーローン新車のみならず中古車にも適用されます。
中古車購入の場合、若干金利が高めに設定されているところが多いようです。
申し込み方法は新車とほぼ同じと考えてよいでしょう。
また、中古車ディーラーを介した場合と個人の場合での必要書類が違うこともあります。

マイカーを購入する際には駐車場も必要になります。
月々のガソリン代のほかに、自動車保険、自動車税、自賠責保険、重量税なども支払う義務があります。
車検費用も必要になります。マイカーローンの返済以外にも
これらの支出があることを念頭においておく必要があります。
もうマイカーローンの事はお分かり頂けましたでしょうか?

もうマイカーローンについて分らない事は無いですか? 結局、マイカーローンの借り入れにおいて重要なのは「情報」って事ですね! 意外とフリーローンの金利は安いので、マイカーローンとして活用する事も考えてみましょう! そんな訳で、カードローンを比較してからマイカーローンに使う方法も検討してみて下さい。


自動車保険各社を比較してみると [車関係]

当サイトは「自動車保険」について解説しているサイトです。 自動車保険は色々と複雑な要素から成り立っていますので、一概にはいくらかかるか分らないのです。
結局、自動車保険は保険屋のいいなりになるより、自動車保険のランキングサイトなどであなたに合った自動車保険を選ぶ方が無難です。 あなたに合った自動車保険は自動車保険のランキングで!自動車保険の事を知るなら当サイトで!

運転していて、もし交通事故を起こしてしまったら。そんなときにお金に関する不安を多少なりとも軽くしてくれるのが自動車保険である。車を持っている人が必ず入る自賠責保険は、人を対象とした保険であり、被害者が、最低限の保障を受けられるようになっているものである。

自賠責保険の範囲を超えた賠償が必要な場合は、他の自動車保険に入っていれば、その中から支払われる場合がある。現在、6割程度の交通事故が自賠責保険の適用範囲を超えているという。そして、7割程度の人が、なんらかの自動車保険をプラスしているのが現状である。

また、「自賠責保険」が「物」を対象としていないことも忘れずにおきたい。事故というと、相手の車に傷をつけた、という場面を想像する人も多いであろう。それが高級車だったことを考えたら背筋が寒くなるが、物を補償する「自動車保険」に入っている必要があるのだ。

事故に遭わなければ、払っている保険料はムダになるようにも思える。しかし、運転をしている以上、可能性がゼロではない。1998年の自動車保険自由化以降、選択の幅が広がり、組み合わせて加入できるようにもなった。自分の運転スタイル等を考慮し、「万が一」に備えておきたいものである。

ここまで来れば自動車保険についてはバッチリですね! 自動車保険は妥協せずに選ぶ事が正しい選択だと言えるでしょう。 さんざん自動車保険についてお話ししてきた訳ですから、もうお分かりだとは思いますが・・・ さすがに自動車保険についてお話しする事も終わりにしますね!(笑)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。